有償販売の作品 原稿の入稿について

データの入稿方法

こちらの有償販売作品のご入稿フォームより原稿が書き上がりましたら、フォームで送信してください。

1. 作品の原稿を準備する

作家が、電子ブック(電子書籍)の作品を読進社ホームページ上で配信したい場合は、作品の無償販売、有償販売を問わず、まずはじめに、その配信しようと考えている書籍の原稿(ストーリー)を用意しなくてはなりません。
この書籍の原稿については、どんなに出版についての知識、ノウハウを豊富に持っている読進社スタッフでも、作家のお手伝いをすることができません。原稿の作成については、ストーリー構成から展開まで全て作家さんの手で作成して下さい。ただし原稿の執筆に行き詰まったときには、どうぞご遠慮なく当担当編集スタッフにご相談下さい。人に相談することで解決する場合もあります。
その代わりに、逆に言えば、はじめの原稿部分さえ、作家さんにて作成、仕上げて頂ければ、その後の書籍のレイアウト、デザイン、装丁については、全て読進社にて制作して出版まで致しますから、後は著者校以外は作家さんの手を煩わせることは一切ありません。
※入稿データにつきまして当社にて簡単な審査を行う場合があります。
※また、入稿データの内容は、こちらに記載の内容 に抵触されないようにご注意下さい。

2. 作品の原稿を入稿する

書き上がりました原稿(ストーリー)の原稿データは、こちらの有償販売作品のご入稿フォームよりご入稿をお願いします。

作品の原稿データは、入稿フォーム上にある「作品原稿」項目の記載欄に直接コピー&ペーストしてお送りください。
入稿に当たってのソフトウェアの指定など一切ありませんので、お手持ちのパソコンに標準でインストールされているテキストエディタにて作品をお書きになれます。書き上がった原稿は、そのまま全てを選択して、「作品原稿」項目の記載欄内にペーストして送信いただけます。

3. 作品原稿の入力代行を依頼する

作家さんの中には、ペン、筆、万年筆での執筆のほうが筆が進むという方もいらしゃいますことでしょう。上記の原稿データ以外で入稿致しますと、データ入力費用(1文字=税別1円)が別途に掛かってしまいます。ですので、書き上がりました作品の原稿データは、上記の方法でご入稿されることを推奨します。
どうしても手書き原稿(ペン、筆、万年筆で執筆)の原稿データをご入稿されたい場合は、手書き原稿を郵送などでご入稿いただくことも可能です。ただし、別途データ入力費用が掛かることをご了承ください。

テキストエディタで原稿を作成する

原稿データを、「作品原稿」項目から入稿したいので、テキストエディタにて作品を書きたい。
このような場合には、ご自身がお使いのパソコン(Windows)を起動して、画面左下にあるWindowsアイコンの中から「よく使うアプリ」「プログラムファイル」を開きます。
「Windowsアクセサリ」「アクセサリ」の中に入っている「メモ帳」「ノートパッド」もしくは「ワードパッド」というソフトウェアを開きます。
あとは、そちらの画面上にカーソルを置いて、原稿をお書きください。良い作品ができあがるのを、とても楽しみにしています。
こちらのソフトウェアは、どちらもwindowsには必ずインストールされているソフトウェアです。どちらでも作品を書きやすいほうのソフトウェアをお使い下さい。

4. 作品の審査

入稿データが到着したら、読進社にてデータ確認および簡単な審査をいたします。審査の基準は、作品の内容が暴力的、アダルトコンテンツを含まないかなど社会的に相応しくないか程度の簡単なものです。
※入稿データにつきまして当社にて簡単な審査を行う場合があります。
※また、入稿データの内容は、こちらに記載の内容 に抵触されないようにご注意下さい。

万一、審査に通らなかった場合には、頂いた制作費用は、銀行手数料を差し引いた全額をご返金いたします。

4. 作品の制作

審査完了後、問題がなければ、出版のために、読進社の専任デザイナー、DTPオペレーターが制作、出版作業を開始します。
装丁デザインおよび作品内容の校閲完了時には、校閲完了のご案内メールを作家さんにお届けします。届きましたら、内容を確認し、著者校をお願いします。
その後、読進社内にて著者校の再校、念校を済ませ、書籍の配信となります。
作家からのご入稿を読進社スタッフ一同心よりお待ち申し上げています。

制作の詳細は、制作の流れをご覧ください。

5. 書籍の制作費用

それでは、実際に有償販売の作品、書籍を制作するに当たって、いったいどのぐらいの制作費用が掛かるのかについて、具体的な金額をみてみましょう。

書籍の制作料金表